≫ EDIT

ニケのトンネル。

アカメカブトは、人目を気にせずガンガン活動するタイプのトカゲではない。

だから、彼女が人知れずコツコツと仕事を進めていたことに、私は気付かなかった。

しかし、先日ふとケースの隅に目をやると。
そこには、2〜3日前にはなかったはずのモノが。








なんかトンネル出来てるんですけどー(驚)

い、いつの間にこんなモノを・・・

ニケの自作でございます。

穴は縦長に掘ってあり、手前にあるシェルター(入り口以外は土に埋めてある)と中で繋がっているらしい。
シェルターは “カメ島” という子亀の甲羅干し用のスロープみたいな物なので、シェルターそのものに密閉性は無いから、まあ中から横道を掘ることも可能なわけだけど。


土をかぶせる前の状態 ↓



これを毎日せっせと掘っていから、お顔が真っ黒だったのね〜。



↑ これはトンネルが貫通する前の写真。

すごいねぇ、ニケ。
よく掘ったねぇ。

そして、やっぱりニケは、出入り口が2ヶ所以上ある隠れ家が好みみたい。
なければ自分で作るっていうね。
自主性があって、素晴らしいことでゴサイマス。


スポンサーサイト

| 飼育メモ | 20:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

腹ペコの時だけ愛想がいい。

ケースの扉を開けた時の反応は、空腹具合にほぼ正比例。

これは、腹ペコの時。




















餌を口にしたら、とりあえず安全圏へにげるけどね。





野良猫みたいなヤツだなー。



| 飼育メモ | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

爬虫類に見えない・・・

トカゲというより、まるで何かのキャラクターのようだ・・・








少し、カワイイような気もする。



| 飼育メモ | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アカメカブトの潜水時間。

危険を感じると水に飛び込む、と言われているアカメカブト。

飛び込むだけに留まらず、完全に潜ってしまう時もある。

で、水中でしっかり目を開けて、周囲の状況を確認してるんだよね。


今日の夕方、ニケが水に浸かってるのを知らずにケースの前に行ったら、驚いてそのままポチョンと顔を沈めた。

そのまま、じーーーっと様子見の構え。





・・・どのくらい潜ってるつもりなんだろう?

気になったので、時間を測ってみたら。

約6分間、潜っていた(驚)

な、なかなかやるなー。

もっと潜っていられるものなのか、これくらいが限界なのかは分からないけれど。
少なくとも、アカメカブトトカゲが6分間は息を止めていられることは確実。





でも、しっぽは丸見えだけどね〜。
相変わらず詰めが甘いよ、ニケ。

それにしても。
顔を出してからシェルターに逃げ帰るまでのスピードは本気で速かった!
今まで見たニケの動きの中で、1番の速さだったよ。

爬虫類は懐かないのは分かってる。
アカメカブトトカゲが臆病な性格なのも分かってる。
だけど4年の付き合いになるのに、そんな、捕食者から全力で逃げるような必死オーラを出さなくても・・・

ちょっぴり傷付いた、飼い主なのでありました。



| 飼育メモ | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ごはんですか?

ニケのケースの下にあるイモリ水槽の前でガサゴソしてたら・・・





ごはんの気配を察知し、出てきたニケ。

屈んでいたので、ニケからは見えなかったはずなのに。
よく気付いたなぁ(驚)

お腹すいてたんでしょうね〜。



| 飼育メモ | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT